登下校に使える子供の防犯グッズ例

防犯 子供

近頃は海外だけに留まらず、日本でも子供達が犠牲になる事が多くニュースで流れています。都会だけでなく田舎でもそういった事が話題になっている昨今、子供たちを守るために何をしてあげれば良いのでしょうか。常に私たち大人が付いて行動を共にすることはとても無理なことです。そこで、大切な子供の実を守る防犯グッズを紹介します。もし、不審な人に声を掛けられたら、近くの家などに走って助けを求めることが出来るでしょうか。足がすくんでしまったり、体をつかまれ身動きが出来ない状態になってしまったらどうでしょうか。大声を出すことも大事ですが口をふさがれてしまったりした場合、一番役に立つのが防犯ブザーです。ランドセルなどすぐ手に届く位置にぶら下げておきましょう。様々な種類がありますので地域に合った物を選びましょう。

子供に役立つ防犯グッズを紹介します。

大切な子供の通学路は昔と違い、ここ数年で危険で不安な通学路となってきています。そこで、小さなお子様でも使える防犯グッズを紹介します。一般的なグッズは、防犯ブザーです。小学校の入学時に支給される学校も多いのではないでしょか。ランドセルや手提げかばんにぶら下げ、ボタンを押すか、紐を引っ張るだけで大きな音が鳴るといった商品です。これでしたら、小さなお子様でも簡単に操作が出来ます。ただし、音の大きさも機種によって様々ですので、通学路のエリアによって騒音など多い地域は音量の大きい物を選びましょう。せっかく危険を知らせているのに、周りの音にかき消されては意味がありません。また、ライト付きといった商品もありますので、冬季は下校時暗くなりますので、このような商品もお勧めします。

子供たちが安心して登下校できるための防犯グッズ

登下校は一人ではなく通学班で並んで通います。しかし、学年によって下校時間がまちまちだったり、一人になってしまうことは必ずあります。今では、子供見守り隊のように、地域の方たちが協力し、学校まで引率してくれたり、下校時には学校から一緒に下校してくださったりと大変助かっています。しかし、この様に大人の方の引率が必要になってきたということは、危険が増えてきているということです。だからといって必ずしも大人が一緒という場合もありません。必ず防犯グッズを身に付けておくことが必要不可欠です。小学生はランドセルを背負いますから、ほぼ両手は空いています。ランドセルの肩掛けの部分などにフックがありますので、必ず手に届く位置に防犯ブザーを掛けておくことをお勧めします。また、いざという時に鳴らなかったということが無いように、電池の確認はしっかりしておきましょう。