医師の開業に必要な費用の内訳とは

医師が開業する時にはまとまった費用が必要となります。もちろん診療科目によって費用は変動しますし、同じ科目でも治療方針によって必要な機器や必要な敷地面積も変わりますので一概に言えません。いくらあれば資金は十分だとは言い切れませんが、今までに実際に開業して来た先人たちの実績を分析すれば、ひとまずの目安にはなるでしょう。大きな事業の立ち上げ時には不安もついて回りますが、なるべく実例のある状況を分析して、自分のケースを計画するるのが一番です。例えば、科目ごとの投資額の目安、借り入れた場合の返済例、雇用者側としての人件費の計算など。土地は購入したほうが良いのかビルテナントのほうが良いのか、知りたい情報はたくさんありますよね。そして、何に一番お金が掛かるのか、自分のケースについて洗い出しておくことも重要でしょう。医療機器設備への投資はもちろんですが、クリニックの内外装費も大きな出費になります。

予算の目安を実例から検証してみる

医師の開業で一番多い事例は、総合内科クリニックのビルテナントです。この場合にかかる平均額の内訳は、内装造作費で約2000万円、医療機器設備で約2000万円、什器備品で200万円程度です。什器備品というのは、待合室のソファや診察用のデスク、電話などの通信設備やレジスターなどです。テナントですので敷金礼金が必要ですが、保証金という場合もあり、これがだいたい240万円程度。賃料の前払いが80万円程度ですが、不動産屋への仲介手数料も1カ月分の家賃になるのが一般的で、合わせて160万円程度になります。この他医師会への入会金が200万円程度、宣伝費と消耗品費で500万程度です。合わせて5100万円程度が立ち上げだけで必要となる資金の目安となります。これとは別に、運営を始めてから必要となる持ち出し分が運転資金として1000~2000万円と言われています。例え軌道に乗らなくても人件費や家賃等の固定費は発生しますので、それを取り崩すための資金になります。

敷地面積を事前に決めるのは重要ポイント

予算組みで真っ先に決める必要があるのが、クリニックの敷地面積をどれくらいにするかということです。診療科目によって必要とされる広さが異なりますので、あまり自由には決められない点でもあります。テナント面積が広くなれば、当然敷金礼金や家賃も高くなりますが、内装費用も大きくなります。診療科目別の必要面積は、一般内科内科や小児科であれば35~45坪、耳鼻科や眼科で30~40坪、皮膚科で25~35坪と言われています。脳外科や整形外科では60~70坪必要で、MRIやCTの導入やX線防護工事なども必要となるので内装費は大きくなります。

開業後も経営が軌道に乗るまでサポート致します。 30年のコンサルタント実績を基に、メーカーや薬局に縛られない中立的な視点で、開院前から開院後までトータルな支援を行える点が他社との違いです。 開業相談、お店の場所の選定、利益を見込めるかどうかの調査なら特別料金を発生することなく無料で対応させて頂きます。 一級建築士の視点から、患者さんが通いやすいクリニックの設計・デザインをご提案させて頂きます。 オクスアイで医院開業に関する疑問を解決しよう

記事一覧