子供の防犯グッズを購入する際の注意点

防犯 子供

現代社会の中で、犯罪から子供を守るグッズが進化しています。まずは低コストで携帯できる防犯ブザー・アラームです。種類も豊富で、握る・引っ張るといった動作で簡単に音を鳴らすことが出来ます。音量は、カラオケ店内が100dBとすると95dB程です。次にブザーも鳴らせて、また家族とだけの連絡に絞ったGPS付き子供向け携帯があり、親御様が直接コントロールできる範囲が広がります。他に通話機能はないですが、親御様が持っているスマホから子供の位置が確認できる腕時計型端末もあります。また、警備会社と契約して、名刺サイズの小型端末を持ち歩かせるサービスもあります。種類が豊富で迷ってしまいがちではありますが、いずれにしても、いざと言うときに役立てることが出来るように選んで頂きたいです。

数ある子供の防犯グッズのメリットの紹介です。

皆様が最初に思いつくのが、電話機能付き、GPS機能の他にも防犯ブザーが付いているキッズ携帯だと思うのですが、ほとんどの学校では、携帯電話の持参を禁止されているところが多いです。そこで思いつくのがGPS専用端末です。これをお子様が持っていれば、スマホやパソコン上で位置が表示されて確認出来ます。メリットとして、通話やメール機能がないのでトラブルに巻き込まれる心配がないこと、料金が安いこと、小さくて持ちやすいこと、操作が簡単であること、位置情報だけではなく、出発してからの足どり、指定した場所への出入りの検知など、多様なサービスがついています。特に低学年の時には子供の帰りが少しでも遅くなると心配です。位置だけでも確認できると安心に繋がります。購入を検討される際には、子供様とも良く話し合い選んで頂けると幸いです。

子供の防犯グッズ購入前に知っていて頂きたい注意点の紹介です。

まずは防犯ブザーですが、犯罪抑制には85dB以上の音量があることが望ましいです。緊急事態だと分かる音のもので85dB以上のものを選んで下さい。また、不審者や犯罪者が防犯ブザーをつけているとすぐにわかる目立つ色のものが良いです。長い紐がついているものは危険が伴いますので避けた方が良いでしょう。GPS付きの防犯グッズにおいては、すべてにおいて正確な位置が表示されるわけではなく、都市部でビルの谷間などでは再検索になったり、多少の誤差もあります。精度に関しては過度の期待は持たない方が良いでしょう。また、いざと言う時にお子様が使用するものですのでお子様が使いやすいもの、操作しやすいものをお選び下さい。購入された際には、何度も子供様と練習され、防犯について話し会う時間を作って頂きたいです。