近年の子供の防犯グッズの売れ筋

防犯 子供

近年、子供を狙った被害が多く発生しています。警察や地域では登下校の見守り活動やパトロール活動を増やしています。被害の多くは、小学生時期から急増しています。小学生になると子供だけで行動することが多くなるためです。被害の七割は、一人でいるときの状況で起こっています。また、登下校の時間帯に集中し、場所は路上の被害が多くを占めています。公園や団地やマンションの敷地内での発生も多くなっていて、一人歩きや一人遊びをできるだけ避け、友達や複数で遊ぶことも被害の防止にも繋がります。子供たちを被害から守るためには保護者や地域の住民が一緒になって取り組みを進めて行くことも大切になってきます。また、子供自身が身を守る行動を行うことも大切です。日頃から家族で、子供110番の家を確認したり、防犯グッズを携帯させたりすることも必要です。

防犯グッズをつけている意味をきちんと説明しましょう

自治体によっては、小学校に入学時全生徒へ防犯ブザーを無料配布するところもあります。防犯ブザーは付けているだけでも防犯効果が高まります。小さな子供にも使いやすいように、簡単に操作できるように進化している反面、友達と遊んでいて鳴らしてしまった、といったことも増えているようです。こういった防犯グッズのきちんとした役割や使い方を、しっかり子供に説明することも大切です。また、防犯グッズをつけたままにせず、定期的に動作確認をして電池切れなどをチェックすることも必要です。とっさに動揺して、使い方を忘れてしまうこともあります。普段から親子で確認や練習をし、きちんとした使い方を話し合っておきましょう。防犯グッズの種類は多く、最近はデザインの可愛らしいものもありますが、子供に持たせるときは、性能を重視してしっかりと選ぶことをお勧めします。

種類は様々、しっかり選びましょう

防犯ブザーは入学時、学校側から申込書を配布するところもあり、人気のグッズです。種類は多く迷ってしまいますが、購入する際は、音量の程度や警報の止め方が簡単すぎないか、防水機能、GPSでの位置確認ができるか、といったことを確認しましょう。音の大きさは100db以上をお勧めします。キッズ携帯やキッズスマホも多く利用されています。学校によってはケータイを持ち込めないところもありますので確認しましょう。通話、SNS、防犯ブザーやGPSと、必要な機能だけを簡単に操作でき、送受信の相手を制限できて子供が変更できないように管理もできます。GPSウォッチも子供の位置確認ができるため人気があります。セキュリティ会社に加入するプランもあるので、共働きなど家族の生活状況に合わせて選ぶことが大事になります。