開業医師としての起業の際での必要費用の現状

優に約6千万円台は掛かる開業資金相場の実態

これはその独立起業をしようと試みている、あるいは検討をされている医師本人の専門である診療科目の内容にもよりますが、大体1千万円台から3千万円台にかけての金額相場であると分析がなされています。ただ、それに加えて、医療設備費用が約300万円から3千万円台くらい掛かりますので、最低でも医療医院や病院の開設は、優に合計である総額で1300万円台から6千万円台くらいは掛かる計算となります。このような、本当に高額な独立起業面においての非常にお金が掛かる実態があります。やはり、人の命や健康などを扱う医療分野での事業者としての、開業医として立ち上がるための費用という意味もありますので、こうした点は仕方が無い面もあります。そして、その本人が専門とする診療科目の内容や種類などにもよりますので、中々医療設備面の設置における充実性といった点においては、中々疎かには出来ないところでもあります。こういった、大変権限上での責任が重い、医師としての独立起業といったケースにあたりますので、どうしても設備費用の必要費相場といった点で、こういうやむを得ない実態がある点が特徴的です。

はっきり言うとゼロからの起業という形は不可

本文1でも話したように、人の命・健康を権限上扱う医師国家資格を持つ医師であるといった立場上、事業主としてもそれだけに世間に対して満足がいくだけの医療サービスをあらゆる形で提供をしていかなければならない使命・権限・義務などがあります。こうした事情があり、どうしても先程の段落でも話したような、大変高額な金額相場での開業資金の費用が必要になってくる事情があります。こういった事情を踏まえて考えてみると、やはり、ゼロからの医療医院の起業という形を採る事自体に無理があるものと、捉える事が可能です。そして、政策金融公庫その他の公的融資制度を実際に利用をしていくといった場合でも、やはり元手自体がゼロの場合には1千万円程度借り入れがやっと出来るかどうかになるのが、正直な現状と言えます。

勤務医が中々自ら開業出来ない現状

どうしてもやはり、これまでの前の各段落内において、病院や医院の形での独立起業をしていくには、何かとお金が掛かる実態がある事は分かりました。そして、そういった実態がある故に、中々勤務医といった立場ではあっても、自ら独立起業そのものが出来ない、あるいはやりにくい、などといった経済的な環境要因がある事も、決して間違いではありません。どう頑張っても、様々な本人を取り巻く諸要因や諸条件などもあって、1千万円貯金が可能であるかどうかといった事情も少なくはありません。中々独立起業を決断出来ないといった方も、中には少なく無いといった現状もあります。

記事一覧