医師の方が開業をする際には費用が要ります

医院設立の資金を用意しましょう

医師のかたの働き方は多種多様です。ご出身の大学医学部の付属病院で勤務医として働き続ける方もいますし、他の民間病院や公的医療機関に転職して、そちらで働き続ける方もいます。ご実家で親御様が個人病院を営まれている方は、そちらにお戻りになって後を継がれる方も少なくありません。また自分ひとりの力で新しく医院を設立し、開業医として働かれる方もいます。独立して医院を設立するとなると、多額の費用が必要になります。医師の方の一つの夢ですが、その資金の集め方はしっかりと行わなければいけません。

病院を運営するための資金の使い道を確認しましょう

医師のかたが開業して病院をスタートさせるにあたって、必要な資金は多様なものがあります。まず医院の建物の土地や建設費用などの不動産に関する費用が要ります。また医療機関ですので診察室や処置室に必要な機材や機器もたくさんあります。レントゲンなどのIT機器も、専門分野によっては必要になってくるでしょう。また患者様が診察や治療を安心して待つことができるための待合室用のソファやその他電気製品なども要ります。医療機関をひとつ運営していくのはひとりの力だけでは難しいので、看護師の方や受付スタッフを雇用するための人件費も必要です。またそのスタッフを募集するための求人広告費用も加算しておかなくてはなりません。

医院設立のための情報を仕入れましょう

医学業界で長く働いていた経験があっても、独立して医院を開設・運営するとなれば、経営のノウハウなども必要になります。医療機関独特のノウハウが必要になるでしょう。そのために必要な知識や情報は独学で学ぶのは難しいので、ご出身大学の先輩や恩師などを頼り、アドバイスを求めることをお勧めします。医科大学の上司のかたなどは、教え子が開業していくことは珍しくないはずですので、必要な知識やノウハウなどは持っているはずです。まず医院を設立して運営がうまくいくためのアドバイスとして、適切な場所などの市場調査の仕方などに関して教えを請うことをお勧めします。日本は高齢化社会で日本中で医療需要は高まっていく一方ですが、どこに設立しても順調に運営できるというわけではありません。設立場所や経営ノウハウ、また独立にあたっての心構えなども教えてもらうとよいでしょう。また教えを請うことは医院を設立した後も続けたほうがよいです。初めてのことですから必ずトラブルが発生しますが、その時の対処の仕方なども、先輩の意見を聞いておくことは必ず役に立つはずです。

記事一覧