皮膚科専門の開業医師としての必要費用について

皮膚科専門ではあっても高額な資金が必要

他の診療科目の医療専門分野に比べて、皮膚科の専門医院としての独立起業での場合、事業用土地家屋費用と医療設備投資費用のそれぞれ合計総額で、約1300万円台前後といった必要金額相場になります。その他の診療科目での独立起業の場合よりも、必要金額相場としては割安な感じもします。内科や整形外科その他の各診療科目の場合、約6千万円台前後分の合計総額が掛かる事も、決して珍しくはありません。そうした他の各診療科目に比べるとやはり、借入総額での低コストな面では大きなメリットがある感じが見ていてします。しかし、やはり人の皮膚面での健康や安全、命などを預かる権限や義務がある医師という地位的な立場は変わりません。真に世論にいる多くの方が納得いく皮膚医療サービスの提供をしていくといった面では、間違いなく充実した皮膚治療のための設備を確保・管理・整備をしていく事は必然的な事でもあります。皮膚科専門医院あるいは病院としての開設という形ではあったとしても、それでもやはり、医療分野での行為を行いながら生業を営んでいくといった点では他の診療科目のところとは、何ら変わりがありません。このような点をしっかりと理解をしながら、専門医師としての皮膚科の専門医院あるいは病院としての形の開業を目指していく形がベストである事は確実です。それでもやはり、起業立ち上げ自体は決して簡単ではありません。

独立起業のし易さでは断トツな面あり

先程の本文1でも話したように、皮膚科の専門医院・病院といった形での独立起業であっても、決して簡単では無い現状があります。ただし、起業コスト面においてはこれも先に話した通り、最低額で約1300万円台といった必要費用の金額相場を考えてみると、追加分が1千万円程度ではあっても、それでも2300万円台程度の額で済みます。やはりコスト面では開業のし易さといった点はあります。ただ、それでもやはり、行政指導や所属している医療協会や医師会などからの点検指示などによって、設備変更などを促されたりするような事などもあります。そうした点での追加分費用の確保の必要性なども、決して皆無とは言えない面もあります。

起業後においての収支バランスの採り方の難しさ

確かに、本文1、2での各段落でも話してきたように、診療科目の中でも皮膚科での独立起業における開業自体は、物理的には低コストなのは間違いが無いと言えます。しかしながら、その分、他の診療科目に比べてみるとやはり、専門医院・病院である故に、その医療サービス提供面での範囲自体が狭い傾向がありますので、収益自体が低い現状が、どうしてもあります。それに加えて、皮膚科診療の場合には、やはりその時代を生きている人間本体の体質や食生活面での文明レベルや習慣の変化などにより、処方箋のやり方や治療薬の調合方法なども変わる面が少なくはありません。こうした社会状況の変化なども絶えず観察したりしておく必要性もあり、中々起業後ににおいての収支バランスの採り方の難しさがあります。

記事一覧