ITを活用した子供の防犯グッズを使うメリット

防犯 子供

車による死亡トラブルが増えていますが子供を狙った犯罪も後を絶ちません。青信号を渡っていても、横断歩道を歩いていても、飲食店で食事をしていても突然巻き込まれてしまうのは防ぎようがありません。しかし、犯罪は防犯対策によって救われる命もあります。危機管理能力は人によって様々ですが、幼い子供には親や周りの大人が守ってあげる他ありません。子供が巻き込まれるケースとして、自宅付近で車に連れ込まれる誘拐や、幼稚園や小学校、習い事などで親元から離れるわずかな時間に狙われる犯罪などがあります。防犯グッズとして昔から防犯ブザーなどは有名で数多くの商品がありますが、正しい使い方をしなければ意味がありません。現在はITを使った防犯対策が注目されており、様々な防犯グッズがありますが、いざというときに使える防犯グッズをご紹介します。

IT技術で子供を見守る防犯グッズ

仕事やライフスタイルには今や欠かせないITですが、子供の防犯対策にも役立つ機能は沢山あります。その一つは携帯電話です。子供にこそ持たせるべき機能はGPS機能の付いた携帯電話です。成長するにつれ、どうしても親元から離れる時間が増えます。そんな時に必ず連絡を入れること、今から帰るということがあれば帰宅時間になっても帰ってこないと早期発見に繋がりやすく、微弱電波や発信履歴などにより居場所が特定されやすくなります。また携帯電話を持たせることに抵抗がある場合はセキュリティ会社のサービスでGPS機能の付いた端末があります。通話が出来るGPS端末なのでいざと言う時は安心です。また、セキュリティ会社の端末であれば通報や駆けつける有償のサービスもあります。GPS機能こそ子供の防犯対策として優秀なものは他にありません。

最新の防犯グッズを使いこなせているか

IT化が進む上で便利な機能は沢山ありますが、使えないと意味がありません。携帯電話を持っていてもいざと言う時に、鞄の奥底に入れているのではと全く無駄になってしまいます。防犯ブザーも直ぐに鳴らすことが出来ない、音が小さいようなものでは持っていても意味がありません。防犯ブザーは身に着けることが一番で、腕に着けるベルトやキーホルダーとして鞄の外に着けるような商品もあります。単純な防犯ブザーと違って携帯電話やGPS端末などはボタンの使用方法などを日頃から子供に教え、いざと言う時に使えるようにしておくことが重要です。ITを駆使した防犯グッズはトラブルに巻き込まれた時に早期発見、証拠や足取りが明確です。GPSを持たせることは監視しているという声もありますが、使い方によっては管理できる便利な機能であることが言えるでしょう。